習総書記、治安面の掌握強める新たな機会に-昆明での殺傷事件

中国共産党の習近平総書記は、雲南 省昆明で1日に起きた無差別殺傷事件に市民から非難の声が上がってい ることを受け、国内治安の掌握を強める新たなきっかけを得た。習総書 記は既に前任者以上に強権を握っている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。