ロシア:ウクライナ介入は正当、ヤヌコビッチ氏要請-安保理

3日ニューヨークで開かれた国連安 全保障理事会の緊急会合で、ロシアの国連大使はウクライナのクリミア への介入について、ウクライナ最高会議(国会)から大統領職を解任さ れたヤヌコビッチ氏の要請に基づいた合法的な措置だと正当化した。

ロシアのチュルキン国連大使はウクライナの危機的状況でロシアの 安全保障とウクライナ南東部在住の数百万人のロシア系住民の安全に重 大なリスクが生じていると発言。ヤヌコビッチ氏からロシアのプーチン 大統領宛てに軍の配備を求める書簡が送付されたと説明した。

同国連大使は同会合で1日のヤヌコビッチ氏からの書簡を読み上 げ、「ロシア国内法の下で、またウクライナの異例の状況やその脅威、 そしてわれわれの同胞とロシア市民、黒海艦隊にとっての脅威を考慮す れば完全に合法的だ」と表明した。

これに対し、米国のパワー国連大使は介入がウクライナの主権侵害 だと非難。チュルキン大使の主張には「現実的な根拠がなく」、「ロシ アの動員は架空の脅威への対応だ」とした上で、「ロシアの軍事行動は 人権保護が目的でない。国際法違反であり、独立国家ウクライナの主権 と領土保全の侵害で、ヘルシンキ宣言と国連憲章にも違反する」と指摘 した。

原題:Russia Calls Ukraine Intervention Legal Citing Yanukovych Letter(抜粋)

--取材協力:Eduard Gismatullin、Sangwon Yoon、Ilya Arkhipov、Andras Gergely、Vladimir Kuznetsov、Jonathan Ferziger. Editors: Andrew Langley, Garfield Reynolds

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE