NY原油時間外:急落-ウクライナ情勢懸念は行き過ぎの見方

ニューヨーク原油先物相場は4日の 時間外取引で急落。北海ブレント原油相場と共に3営業日ぶりの下落と なった。ロシアとウクライナとの緊張に伴う供給懸念が行き過ぎていた との見方が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。