伊藤教授:GPIF改革は受給者のため、国内債52%まで落とせる

公的・準公的資金の運用・リスク管 理を見直す政府の有識者会議で座長を務めた伊藤隆敏東京大学大学院教 授は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)改革は年金受給者 のためだとし、国内債の保有比率を52%にまですぐに落とせるとの考え を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。