円反落、リスク回避一服で101円台後半-ウクライナ警戒続く

東京外国為替市場では円が反落。ウ クライナ情勢に対する警戒感は根強いものの、日本株が反発するなどリ スク回避の流れが一服し、円高圧力が和らいだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。