日本株5日ぶり反発、為替安定や過度のウクライナ警戒和らぐ

東京株式相場は5営業日ぶりに反 発。緊迫するウクライナ情勢を背景にした円高の勢いが一服し、行き過 ぎた市場混乱への警戒が和らいだ。前日までの続落期間中に下げが大き かった不動産、小売など内需関連株中心に見直され、電力株も堅調。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。