PIMCOトータル・リターン・ファンド:2月は16億ドル流出

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント(PIMCO)のビル・グロース氏が運用する「トー タル・リターン・ファンド」の解約が2月、10カ月ぶりの低水準に鈍化 した。

PIMCOが電子メールで配布した資料によれば、2月の資金純流 出額は16億ドル(約1620億円)と、昨年5月以来の低水準だった。調査 会社モーニングスターによると、トータル・リターン・ファンドは昨 年、過去最大の411億ドルの解約に見舞われた。同ファンドは昨年10月 に世界最大の投資信託の座を奪われたが、資金流出額は今年に入って減 少している。

同ファンドはPIMCOのファンドで最大規模で、同社の昨年末の 運用資産1兆9000億ドルの約12%を占めた。解約ペースが抑えられてい るのは、投資家が債券運用戦略に回帰しているためだ。米投資信託協会 (ICI)によると、2月19日終了週の債券投信への資金純流入は29億 ドルと、昨年5月22日終了週以来最高だった。

ブルームバーグの集計データによると、トータル・リターン・ファ ンドの今年のリターンは2月末時点でプラス1.9%で、同種のファンド の59%に後れを取っている。過去5年間ではプラス7.4%で、同種のフ ァンドの6割よりも高い運用成績となっている。

原題:Pimco Total Return Suffers $1.6 Billion in Redemptions (Correct)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE