ウクライナ、IMF支援の初回分として30億ドルの実行求める

ウクライナは国際通貨基金 (IMF)の新規支援プログラムの初回分として約30億ドル(約3040億 円)の実行を求めている。協議の事情を知る関係者1人が明らかにし た。

ウクライナは総額150億ドルの金融支援を求めており、初回分は向 こう10-40日以内に支払われる可能性がある。協議が進行中だとして関 係者は匿名を条件に語った。

ロシアがウクライナに対する150億ドルの支援パッケージを凍結し たことから、欧州連合(EU)と米国は親欧米派の暫定政権を支えるた め金融支援を検討してきた。ラガルドIMF専務理事は3日にスペイン で、IMFがウクライナ情勢を見極め、プログラムの土台となる政策改 革を議論する方針を示した。

原題:Ukraine Said to Seek $3 Billion in First IMF Loan Payment (抜粋)

--取材協力:Andras Gergely. Editors: James M. Gomez, Andrea Dudik

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE