ウクライナ、IMF支援の初回分として30億ドルの実行求める

ウクライナは国際通貨基金 (IMF)の新規支援プログラムの初回分として約30億ドル(約3040億 円)の実行を求めている。協議の事情を知る関係者1人が明らかにし た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。