日米財務相、ウクライナ支援はIMFが中心との認識で一致

麻生太郎財務相とルー米財務長官 は、ウクライナの経済強化策は国際通貨基金(IMF)の支援プログラ ムが中心的な役割を担うべきだとの見解で一致した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。