アジア株:下落-ウクライナ情勢の緊迫化と中国製造業指標で

3日のアジア株式相場は下落。株式 のボラティリティ(変動性)の指標が上昇した。ウクライナ情勢をめぐ る地政学的な緊張の高まりに加え、中国国家統計局と中国物流購買連合 会が1日発表した2月の製造業購買担当者指数(PMI)が8カ月ぶり の低水準となったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。