新興国株が急落、ウクライナ情勢でロシア株は5年ぶり大幅安

3日の新興国の株式相場は1カ月で 最大の下げを演じた。ロシアによるクリミア半島での軍事的な動きを受 けたウクライナ情勢の深刻化が嫌気され、ロシア株の指標のMICEX 指数は2008年11月以来最大の下落となり、通貨ルーブルは中央銀行によ る利上げにもかかわらず急落した。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間午後1時4分(日本時間 4日午前3時4分)現在、1.7%安の949.63。MICEX指数は一 時13%下落した。ルーブルは対ドルで1.7%の値下がり。ポーランドや ルーマニア、ハンガリーの株式相場は3%超の下げ。韓国総合株価指数 は2月4日以来の大幅安。韓国の輸出統計が市場予想を下回ったこと や、北朝鮮によるミサイル発射が影響した。

ウクライナや朝鮮半島での地政学的緊張を受け、景気減速や米量的 緩和の縮小による新興国からの資本流出に拍車が掛かるとの懸念が強ま っている。シルバークレスト・アセット・マネジメント・グループのチ ーフストラテジスト、パトリック・ホバネツ氏は「地政学的な不透明感 が広がっている」と述べ、「グローバルリスクの認識の問題だ。市場は 予想外の事態に動揺するものだ」と指摘した。

原題:Emerging Stocks Sink on Ukraine as Russia Slumps Most in 5 Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE