ウクライナ危機が試すオバマ米大統領の手腕-日中韓に影響も

ウクライナ危機でオバマ米大統領の ロシアとの協力を進める外交戦略が危うくなっている。シリア内戦を終 わらせ、イランの核開発を阻止し、米国および同盟国のアフガニスタン からの軍隊撤退を容易にするため大統領はロシアの協力取り付けを狙っ ていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。