中国の短期金利、昨年5月以来の低水準-流動性増加の観測

中国の短期金融市場で3日、指標金 利が約9カ月ぶりの低水準となった。市場関係者の間では中国人民銀行 (中央銀行)が元売り介入をしているとみられており、介入により金融 システムへの資金供給が増えるとの観測が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。