ロンドン金融業界の求人、2月に前年比25%増-IPO回復で

ロンドンの金融サービス業界の求人 数が2月に前年同月比で25%増加した。英人材仲介会社アストベリー・ マースデンの調査によると、新規株式公開(IPO)の増加により証券 会社と中小規模の銀行の採用が増えたことが要因。

アストベリー・マースデンが3日発表した資料によると、ロンドン 金融街のシティーとカナリーワーフの2月の新規求人数は3220人と、前 年同月の2575人から増加した。シティーの過去3カ月間の求人数は2012 年、13年と比較して約30%余り増加している。

アストベリーのマーク・キャメロン最高執行責任者(COO)は電 子メールで、「IPOは依然としてリーマンショック以前の水準を大幅 に下回っているものの、市場が過去5年間の低迷から引き続き回復すれ ば、中小規模の投資銀行は採用を増やす可能性が高い」と指摘した。

ブルームバーグが集計したデータによれば、欧州株への投資意欲が 高まったため、企業がIPOを通じて調達した資金は昨年、計約350億 ドル(約3兆5000億円)に達した。これは、12年の2倍以上に相当す る。

原題:London Finance Vacancies Climbed 25% on IPO Uptick, Survey Says(抜粋)

--取材協力:Ruth David. Editors: Steve Bailey, Keith Campbell

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE