債券は続伸、ウクライナ緊迫で円高・株安-長期金利10カ月ぶり低水準

債券相場は続伸。ウクライナ情勢の 緊迫化による円高・国内株安を背景に買いが優勢となった。長期金利は 一時約10カ月ぶり低水準を付け、先物は11カ月ぶり高値に達した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。