米ISM製造業景況指数:2月は予想上回る伸び-生産は低下

2月の米製造業活動は、市場予想を 上回るペースでの拡大となった。

米供給管理協会(ISM)が発表した2月の製造業総合景況指数 は53.2と、前月の51.3から上昇した。ブルームバーグがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は52.3だった。同指数で50は活動の拡大と縮小の境 目を示す。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコノ ミスト、ラッセル・プライス氏は「極めて厳しい天候だったにもかかわ らず製造業の拡大が続いているというのは、いくらか前向きな状況だ」 とし、「消費者および企業部門でなお相当の潜在需要がある」と続け た。

項目別に見ると、新規受注は54.5と、前月の51.2から上昇。受注残 は52に上昇した(前月48)。

一方で生産指数は48.2と前月(54.8)から低下し、2009年5月以来 の低水準となった。生産指数は過去2カ月間では13.5ポイント低下とな り、低下幅はリセッション(景気後退)期にあった08年9-10月の2カ 月間以降で最大。

在庫は52.5と前月(44)から上げた。顧客在庫も46.5と前月(44) を上回った。雇用指数は52.3と前月から変わらず。仕入れ価格指数は60 (前月60.5)だった。

い。

原題:Manufacturing in U.S. Expands at Faster Rate Than Forecast (3)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton. Editors: Vince Golle, 西前 明子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE