【今週の債券】長期金利0.5%台下限探る、ウクライナ緊迫や入札で需要

今週の債券市場で長期金利は0.5% 台の下限を探ると予想されている。ウクライナ情勢の緊迫化などによる 投資家のリスク回避の動きで、金利に低下圧力が掛かりやすいことが背 景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。