ウクライナ大統領代行、ロシアがクリミアに侵攻と主張

ウクライナのトゥルチノフ大統領代 行は28日、同国南部のクリミア自治共和国にロシア軍部隊が侵攻したと 主張した。クリミアでは正体不明の武装集団が空港などを占拠した。

同大統領代行は議会のテレビチャンネルで放映された演説で、「ロ シアがわが国に対する露骨な侵略を開始した」と発言。「挑発を直ちに やめ、軍部隊をクリミアから撤退させるようプーチン大統領に要求す る」と述べた。

原題:Ukraine Accuses Russia of Invading Crimea as Airports Seized (1)(抜粋)

--取材協力:Ilya Arkhipov、Ekaterina Shatalova. Editors: Balazs Penz, Mark Sweetman

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE