ウクライナ大統領代行、ロシアがクリミアに侵攻と主張

ウクライナのトゥルチノフ大統領代 行は28日、同国南部のクリミア自治共和国にロシア軍部隊が侵攻したと 主張した。クリミアでは正体不明の武装集団が空港などを占拠した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。