米中古住宅販売成約指数:1月は前月比0.1%上昇-予想下回る

1月の米中古住宅販売成約指数は市 場予想を下回る伸びにとどまった。

全米不動産業者協会(NAR)が発表した1月の中古住宅販売成約 指数(季節調整後)は前月比0.1%上昇した。ブルームバーグがまとめ たエコノミスト調査の予想中央値は前月比1.8%上昇だった。

BNPパリバの米国担当エコノミスト、イレーナ・シュルヤティエ バ氏(ニューヨーク在勤)は統計発表前に、「住宅市場では幅広く軟化 傾向が見られる」と指摘。「住宅ローン金利の上昇や住宅値上がりが見 込み客には打撃となっている」とし、見通しについても「住宅市場と経 済全般に関しては従来とほぼ同様の状況だろう」と述べた。

地域別では全米4地域のうち北東部と南部で成約指数が上昇。中西 部と西部で低下した。

1月の中古住宅販売成約指数は季節調整前の前年同月比で9.1%低 下した。これで4カ月連続で前年同月を下回り、マイナス幅も拡大して きた。

い。

原題:Pending Sales of Existing Homes in U.S. Rose 0.1% in January(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE