フィラデルフィア連銀総裁:今年の成長率は3%、緩和縮小へ

フィラデルフィア連銀のプロッサー 総裁は、米国の経済成長率が今年は約3%を達成する可能性が高いとし て、当局は債券購入策の縮小計画を遂行すべきだと述べた。同総裁は今 年、連邦公開市場委員会(FOMC)での議決権を持つ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。