ヤヌコビッチ氏:脅迫でウクライナ出国、クリミアは流血回避を

ウクライナを追われたヤヌコビッチ 前大統領は28日、自身が依然として同国の正当なリーダーだと強調し た。また、家族も含め身に危険を感じる脅迫があったため、出国を余儀 なくされたと主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。