アジア・太平洋株式サマリー:香港でH株下落、中国と印株は上昇

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン中国企業株(H株)指数は下落。週間ベ ースでも同指数は3週間ぶりの値下がりとなった。中国人民元の記録的 な下げが響いた。

中国農業銀行(1288 HK)が2.1%下げるなど、中国本土の銀行株が 安い。ばら積み貨物船の運航で香港最大手の太平洋航運集団(2343 HK)は10%安。通期利益がアナリスト予想を下回った。アジア一の富豪 である香港の李嘉誠氏率いる複合企業のハチソン・ワンポア(13 HK) は1%高。増益決算が寄与した。

H株指数は前日比0.7%安の9891.42で終了。前週末比では0.5% 安。今月は0.7%上昇した。ハンセン指数は前日比8.78ポイント高 の22836.96。今週は1.2%高、月間では3.6%高となった。

AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者、シェーン・ オリバー氏(シドニー在勤)は電話取材に対し、「投資家は中国の経済 見通しに極めて神経質になっている」と指摘。「為替であれ短期金利で あれ、不確実性につながるものは全て株式市場に多くの不安をもたらし ている」と述べた。

【中国株式市況】

中国株式相場は上昇。上海総合指数が月間ベースで昨年11月以来の プラスとなった。不動産株が下げ止まったほか、消費者関連銘柄が値上 がりした。来週には全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が開幕す る。

酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)が3.5%高となるなど、酒造株 が高い。方正証券(601901 CH)は10%上昇。万科企業(000002 CH)な ど不動産株も買われた。UBSウェルス・マネジメントとテンプルト ン・エマージング・マーケッツ・グループが不動産株についてポジティ ブな見方を示した。中国工商銀行(601398 CH)は0.6%安。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は前日比8.95ポイント(0.4%)高の2056.30。一時1.3% 安となった。月間では1.1%上昇。銀行の不動産部門向け融資抑制で景 気が鈍化するとの懸念や、元安で資金流出が加速するとの不安が広が り、今週は2.7%下落した。

徳邦証券のアナリスト、チャン・ハイトゥン氏(上海在勤)は「今 週の下げが大きかったことから、午後に入り反発した」と説明。「依然 として2000の水準に力強いサポートがある」と述べた。

上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は前日 比1.2%高の2178.97。

【インド株式市況】

S&Pセンセックス指数は前日比0.6%高の21120.12で終了。 *5営業日続伸 *月間ベースは3%上昇で昨年10月以来の大幅高 *医療関連銘柄が高い *ドクター・レディース・ラボラトリーズが2.2%高、サン・ファーマシ ューティカル・インダストリーズは2.6%高 *タタ・モーターズが3.9%高

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比6.63ポイント(0.1%)安 の5404.82。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比1.56ポイント(0.1%)高の1979.99。

【台湾株式市況】

28日の台湾株式市場は和平記念日の祝日のため休場。取引は3月3 日に再開される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE