NY外為(28日):ユーロ年初来高値、インフレ率が予想上回る

ニューヨーク外国為替市場ではユー ロが対ドルで上昇し、年初来の高値水準をつけた。ユーロ圏のインフレ 率がアナリスト予想を上回ったことを背景に、欧州中央銀行(ECB) が来週の会合で追加緩和に動くとの観測が後退した。

円は対ドルで上昇。ウクライナのトゥルチノフ大統領代行は、ロシ アがウクライナに対する侵攻を開始したと述べた。ユーロは主要16通貨 の大半に対して値上がりした。2月のユーロ圏消費者物価指数(速報 値)は前年同月比0.8%上昇した。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は「きょうの指標発表でマーケットは不意打ちを食らったため、対 ドルのユーロには急激かつ大規模な踏み上げが起きた」と指摘。「市場 はユーロについて、上昇によって見込まれる影響よりも、下落のリスク を注視していた」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.7%高 の1ユ-ロ=1.3802ドル。一時は1.3825ドルと、昨年12月27日以来の高 値水準をつけた。週間では4週連続上昇。ユーロは対円で前日比0.3% 高の1ユーロ=140円49銭、一時は0.6%下げる場面もあった。円は対ド ルで0.3%高の1ドル=101円80銭。

ブルームバーグがまとめたデータによると、月間ベースでは主要31 通貨中27通貨がドルに対して上昇した。特にインドネシア・ルピア は5.2%、ポーランド・ズロチは4.7%それぞれ上げた。

ウクライナ情勢

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は今年に入って3.4%上昇。ユーロはほぼ変わらず、ドル は0.4%下落となっている。

円はこの日、対ドルで3週間ぶりの大幅高となった。ウクライナの トゥルチノフ大統領代行は、ロシアがウクライナ南部のクリミア自治共 和国に侵攻したと発言。武装集団がクリミアの空港や他の施設を掌握し たとの報道も伝わった。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏は「リスク回避が続いていることや利益確定の動きによ って、対円でのドルに下落圧力がかかっている」と指摘。「危機でしば しば起きるように、流動的な状況だ」と述べた。

2月のユーロ圏消費者物価指数はブルームバーグ・ニュースがまと めたエコノミスト予想中央値の0.7%を上回った。ECBは中期的に 2%をやや下回る水準を目指している。

「リスクを伴う」

バークレイズの為替調査グローバル責任者ホセ・ウィン氏(ニュー ヨーク在勤)は電子メールのリポートで、「ディスインフレ傾向が続い ていることを考慮すれば、ECBが政策を現状維持することはリスクを 伴うと確信する」と指摘。「中期的にはECBの緩和的な金融政策スタ ンスを背景に、ユーロは対ドルで下落するだろう」と述べた。

ECBのドラギ総裁は6日、追加緩和の決定を下す前にさらなる情 報が必要だとの認識を示していた。その上で「われわれには行動する意 思も準備もある」と述べた。次回会合は3月6日に開かれる。

原題:Euro Rises to 2014 High as Inflation Damps ECB Bets; Yuan Drops(抜粋)

--取材協力:大塚美佳、三浦和美、Masaki Kondo、David Goodman. Editors: Paul Cox, Kenneth Pringle

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE