香港のチョンコン:13年は増益-中国本土の不動産販売好調

香港の資産家、李嘉誠氏率いる不動 産開発会社、チョンコン・ホールディングス(長江実業集団)の2013年 通期決算は10%増益となった。中国本土での不動産販売の増加に加え て、傘下のハチソン・ワンポアの業績が寄与した。

チョンコンの香港証券取引所への届け出によると、純利益は353億 香港ドル(約4630億円)と前年同期の320億香港ドルから増加。ブルー ムバーグがアナリスト6人を対象に行った調査では、296億香港ドル (予想平均)の利益が見込まれていた。ハチソンの寄与分を除くと、 3%増益の197億香港ドル。

中国の住宅販売額は昨年初めて1兆米ドル(約102兆円)の大台を 超えた。一方、チョンコンの13年の香港での不動産販売は前年を大きく 下回った。

ハチソンの13年通期利益は311億香港ドルと、前年の259億香港ドル から20%増加した。欧州での携帯電話事業の拡大が業績に寄与したと説 明している。

原題:Cheung Kong Profit Rises on China Sales and Hutchison Gains (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE