外国為替レート操作問題で金融庁と日銀が銀行から聞き取りへ-関係者

世界の主要銀行のトレーダーが外国 為替の指標レートを操作していたとされる問題を受け、金融庁と日銀が 三菱UFJフィナンシャル・グループをはじめ日本の主要行に聞き取り 調査を実施する見通しであることが分かった。資金決済などに使われる レート算出などの実態を調べるものとみられる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。