安倍晋三首相は28日の衆院予算委員 会で、海外で日本をおとしめようというキャンペーンが展開されてお り、日本政府として海外向けの広報戦略を作る必要があるとの認識を示 した。日本維新の会の山田宏氏への答弁。

安倍首相は「残念ながら日本をおとしめようとしているキャンペー ンが海外で展開されているのは事実だ。現実の日本とは全く違う姿を、 まるでそのような姿が現実にあるんだというプロパガンダがなされてい る」と指摘。「そうしたプロパガンダは子どもたちの世代に大きな影響 を与える危険性が出てきている。しっかりとした広報戦略を戦略的に考 えていきたい」と語った。

山田氏は国会質問で従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房 長官談話の検証を求めている。同氏はこの問題で日本への批判が出てい ることについて「日本は正しい国際世論を作ることについてはなはだ弱 い」と指摘。

さらに、来年が第2次世界大戦の終戦から70周年にあたることにつ いて「隣の国は反ファシズム戦勝記念ということで反日包囲網を広げよ うというキャンペーンを行ってきている」とも述べ、国際世論に訴える ための態勢強化を求めた。

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE