日本株は内需主導で3日続落、円高と春先景気警戒-人民元安

東京株式相場は3日続落。ウクライ ナ情勢や中国の人民元急落などを背景に、為替市場でリスク回避の円高 が進み、今後の日本経済に与える影響が警戒された。足元の国内経済統 計は好調さを確認したが、消費税増税前の駆け込み需要の影響も大き く、春先の反動が懸念された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。