ウクライナ、IMFに支援要請-クリミアは5月に住民投票

ウクライナでアルセニー・ヤツェニ ュク氏を首相とする暫定政権が27日に発足し、デフォルト(債務不履 行)回避に向けた国際支援確保の取り組みが始まった。同国南部のクリ ミア自治共和国では分離独立を求める動きで緊張が高まっている。

暫定政権は国際通貨基金(IMF)をキエフに招請。最大150億ド ル(約1兆5300億円)の支援での協議を申し入れた。インタファクス通 信によれば、政変で大統領を解任されたビクトル・ヤヌコビッチ氏はロ シアで保護されていると述べ、自らが合法的な国家指導者だと主張。同 氏は28日にロシアで記者会見する予定。

ウクライナ通貨フリブナは27日、さらに5%下げた。国内の民族間 の緊張の高まりや国境付近でのロシアの軍事演習が投資家に嫌気され た。クリミア危機でウクライナの政治情勢は一段と緊迫化する恐れがあ り、ロシアに介入の口実を与える可能性もある。

2014年6月償還のドル建てウクライナ国債は価格が額面1ドルに対 して94.2セントと、前日の93.94セントから上昇。利回りは32.55%に低 下した。ブルームバーグの集計データによれば、フリブナは5.4%安の 1ドル=10.7フリブナと過去最安値を更新した。

ウクライナ国立銀行(中央銀行)のクビフ総裁はキエフ時間28日午 前10時(日本時間同日午後5時)にヤツェニュク首相と共同記者会見を 行う。

IMFのラガルド専務理事は発表資料で、「われわれは対応する用 意がある」と表明。現地調査団を派遣することで「IMFはウクライナ 情勢に関してテクニカルかつ独自の検証が可能になろう」と説明した。

住民投票

元世界ボクシング評議会(WBC)ヘビー級王者ビタリ・クリチコ 氏が率いる政党ウダルの議員が明らかにしたところによれば、クリミア 自治共和国のシンフェロポリにある議会と政府庁舎を占拠したのは 約120人の訓練を受けた武装集団。

クリミア自治共和国議会のリュドミラ・モホバ報道官は、ウクライ ナにおける自治権拡大の是非を問う住民投票を5月25日に実施すること で議員らは同意したと電話インタビューで語った。

--取材協力:Kateryna Choursina、Jones Hayden、Jake Rudnitsky、Sandrine Rastello、Tony Czuczka、James G. Neuger、Daryna Krasnolutska. Editors: Mark Sweetman, John Fraher

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE