【日本株週間展望】ボックス、中国警戒と期末需給-米株支え

3月1週(3-7日)の日本株は、 日経平均株価が1万4000円台後半を中心としたボックス圏で推移しそう だ。海外では中国経済や人民元の先行き、ウクライナ情勢に不透明感が 強まっている上、国内では年度末の3月に入り、機関投資家からの決算 対策売り、駆け込みのエクイティファイナンスが警戒される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。