企業統治新基準を成長戦略に、社外取締役義務化も検討-自民・柴山氏

自民党は取締役選任の在り方などで 企業の新たな行動基準を定めた「コーポレートガバナンス・コード」に 関する議論を進めている。6月に提言をまとめ、政府が年央をめどに行 う成長戦略の改定に反映させたい考えだ。党日本経済再生本部の柴山昌 彦衆院議員が27日のインタビューで明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。