米ギャップ:11-1月利益は予想上回る-値引きが集客に寄与

米衣料品チェーン最大手、ギャップ の2013年11月-14年1月(第4四半期)利益はアナリストの予想を上回 った。ホリデーシーズンに大幅な値引きで慎重な買い物客を引き付け た。

27日の発表資料によると、純利益は3億700万ドル(約310億円、1 株当たり68セント)と、前年同期の3億5100万ドル(同73セント)か ら13%減少。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は1株当 たり66セントだった。売上高は3.2%減の45億8000万ドル。

衣料品小売り各社がショッピングモールに顧客を引き続き呼び込む ため商品を値引きする中で、グレン・マーフィー最高経営責任者 (CEO)は売り上げの伸びを維持しようと取り組んでいる。ギャップ は今月、開店後1年以上の既存店売上高が11-1月期に1%増となった と説明していた。一方、最低賃金をめぐる全国的な議論が行われる中、 同社は米従業員の時給を引き上げることを明らかにした。

15年1月通期については1株利益が2.90-2.95ドルになるとの見通 しを示した。アナリスト予想平均は3.03ドル。

ギャップの株価はニューヨーク時間午後4時2分(日本時間28日午 前6時2分)現在の時間外取引で1.1%高の44.17ドル。年初からこの日 の通常取引終値までは12%上昇している。S&P500種株価指数のこの 間の上昇率は0.3%。

原題:Gap Profit Exceeds Estimates as Deep Discounts Draw Shoppers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE