新興市場ETF、1カ月ぶり高値-レアル中心に主要通貨も上昇

新興国市場の株価指数をベンチマー クに運用する上場投資信託(ETF)の「iシェアーズMSCIエマー ジング・マーケットETF」が27日、1カ月ぶりの高値を付けた。ブラ ジルの経済成長率が予想を上回り、世界経済が回復基調にあるとの楽観 論が強まった。同国の通貨レアルを中心に世界の主要通貨が上昇した。

同ETFはニューヨーク時間午後1時11分(日本時間28日午前3 時11分)現在、1.7%高の39.69ドル。MSCI新興市場指数は0.8%高 の964.11。ブラジル市場では、鉄鉱石生産のヴァーレが上昇し、指標の ボベスパ指数は2.5%高。レアルは2カ月ぶりの高値を付けた。中国人 民銀行(中央銀行)当局者が資金供給は適切との認識を示したことを受 け、中国の金利スワップレートは8カ月ぶりの大幅な低下。一方、ロシ ア・ルーブルは過去最安値を更新した。ウクライナで緊張が高まる中 で、ロシアは軍事演習を開始した。

PNCファイナンシャル・サービシズ・グループのシニア国際エコ ノミスト、ビル・アダムス氏は電話取材に対し「新興市場に対する悲観 論がデータより先行していた。ブラジルの経済成長は持ちこたえてい る。全般として新興市場は米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和縮小 の影響に対して抵抗力を保っている」と述べた。

原題:Emerging-Market ETF Rallies as Brazil’s Real Leads World Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE