ECB総裁:物価下振れリスクに対応する準備できている

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総 裁は27日、ユーロ圏をデフレから守る強い決意が中銀当局にあると述べ た。

ドラギ総裁はフランクフルトでの講演で、「物価安定のさらなる下 振れリスクの兆候が表れていないかどうか、われわれは警戒を続ける。 行動する準備はできている」と発言。エネルギー価格の動向や一部のユ ーロ圏諸国内部での不均衡是正の取り組み、需要低迷が低インフレの主 な要因との認識を示した。

同総裁はその上で、「インフレが長期間にわたって低水準にとどま ること自体がリスクだ。これはゼロからの安全域がわずかであることを 示し、構造調整の取り組みを難しくする」と語った。

ドラギ総裁は低金利の長期化が「局地的なバブル」を生み、金融の 不安定さが物価安定を確保する中銀の能力を脅かす危険を認識している と述べ、「マクロプルーデンス政策を金融の安定をめぐる懸念に対処 し、金融政策を円滑に運営するために利用できる」と主張した。

原題:Draghi Says ECB Ready to Act to Counter Downside Inflation Risks(抜粋)

--取材協力:Rainer Buergin. Editor: Zoe Schneeweiss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE