FRB議長:予測に「有意な変化」あればテーパリング再検討

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長は、経済の見通しに「有意な変化」が生じた場合、金融当 局は債券購入ペースを徐々に減速させる現行戦略(テーパリング)の変 更を検討する可能性があると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。