ロシアがウクライナに介入すること決してない-ヤツェニュク氏

ウクライナの新首相に選ばれたアル セニー・ヤツェニュク氏は、南部のクリミアで緊張が高まっているもの の、ロシアが軍事介入することは決してないとの見方を示した。

同氏は27日のブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、 「ロシアは隣国であり、われわれはロシアが友好国であるからウクライ ナに軍事介入することは決してないと固く信じている」と語った。

ウクライナ議会はこの日午後の採決で、同氏を首相として承認。ウ クライナはデフォルト(債務不履行)を回避するために最大350億ドル の国際金融支援の獲得を目指している。米国と欧州連合(EU)が支援 の意向を表明しているほか、国際通貨基金(IMF)は査察団を送る用 意があるとしている。

ヤツェニュク氏はウクライナの財政を立て直すために「極めて不人 気な」措置を取る用意があるとした上で、債務再編を行うかどうかは IMFとの協議の結果次第だと述べた。「ウクライナはひどい苦境に立 っている。国庫は空っぽだ。デフォルトを回避するために何でもする」 と語った。

原題:Ukraine’s Next Premier Yatsenyuk Rules Out Russian

--取材協力:Jennifer Ryan、Craig Stirling. Editors: Balazs Penz, Andrew Langley

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE