佐藤日銀委員:出口のはるか前に長期金利急騰の可能性-財政再建が鍵

日本銀行の佐藤健裕審議委員は27日 午後、量的・質的金融緩和の出口のはるか以前に長期金利が急騰してい る可能性が高いと述べ、出口の際は政府の「財政再建が鍵になる」との 見方を示した。都内で行った講演後の質疑応答で述べた。

佐藤委員は「量的・質的緩和の出口の際は、政府の財政再建が鍵に なる」と言明。その理由として「われわれが量的・質的金融緩和からの 出口を検討するとき、その時はつまり、デフレが終わっており、人々は インフレが高進することを予想しているので、実際の出口あるいはテー パリングのはるか以前に、恐らく長期金利が跳ね上がっている可能性が 高い」と述べた。佐藤委員はその上で「出口の際は、政府と日銀の関係 が鍵になる」と語った。

佐藤委員は講演では、「実際の物価上昇率が2%に届いていなくて も、諸情勢を勘案して先行き2%を安定的に持続できると判断できれ ば、政策効果の波及ラグを考慮して2%に達する前に出口に向かうこと はあり得るし、逆に、仮に2%を超えても持続性がないと判断すれば政 策を継続しているかもしれない」と述べた。

さらに、「私は昨年10月末の金融政策決定会合議事要旨等に示され ているように、政策委員会の中心的な見通し対比、物価の先行きを幾分 慎重に見ているが、これは私が『量的・質的金融緩和』の効果に懐疑的 であったり、期待の転換を促すという政策委員会の描くメカニズムを否 定しているからではない」と指摘。

その上で「『物価安定の目標』はもとより2%をピンポイントで目 指す硬直的な枠組みではなく、上下双方向にアローワンスを持つ柔軟な 枠組みであると私は理解しており、そうした理解のもと、その達成のハ ードルを柔軟に考えている」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE