スペイン:10-12月GDP、前期比0.2%増-速報から下方修正

スペインの2013年10-12月(第4四 半期)国内総生産(GDP)改定値は、速報値から下方修正された。政 府支出の減少が響いた。

スペイン統計局(INE)が27日発表した10-12月期のGDP改定 値は前期比0.2%増。1月30日発表の速報値は0.3%増だった。政府支出 が3.9%減少した。民間消費は0.5%増、輸出は0.8%増えた。

財政赤字圧縮に取り組むラホイ首相は今年の景気回復に期待してい るものの、失業率は依然として25%を超えている。ただ、この日の統計 は家計支出が回復しつつあるとのスペイン銀行(中央銀行)の推計を裏 付けた。

原題:Spanish Economy Grew Less Than Estimated in Fourth Quarter (抜粋)

--取材協力:Harumi Ichikura、Sharon Smyth. Editors: Jana Randow, Zoe Schneeweiss

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE