中国株(終了):上海総合指数、続伸-国有企業の改革期待で

中国株式市場では、上海総合指数が 続伸した。国有企業が株主還元を増やす措置を講じるとの観測が投資家 の間に広がった。小型株や不動産株は値下がりした。

中国石油化工(SINOPEC、600028 CH)は6.7%高。一段のリ ストラ策を来月発表する可能性があると第一財経日報が伝えた。ペトロ チャイナ(中国石油、601857 CH)は2.5%高。ゴールドマン・サックス による投資判断引き上げが手掛かり。

不動産開発の万科企業(000002 CH)は1.4%安。映画製作会社、華 誼兄弟伝媒(300027 CH)は5.5%下げ、昨年11月以来の安値を付けた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動する 上海総合指数は前日比6.10ポイント(0.3%)高の2047.35で終了。上 海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.4%安 の2154.11。

SINOPECの傅成玉会長は、北京で来月開かれる全国人民代表 大会(全人代、国会に相当)の期間中に同社が改革の次の段階に進むと 表明。同社の改革の取り組みはバリュエーション(株価評価)と経営が 改善することを意味すると、元富証券の李鑫アナリストは指摘した。

原題:China’s Benchmark Stock Index Rises for Second Day on SOE Reform(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE