高齢化で金融政策の効力減、大幅な金利変更必要-IMF小論文

米国など先進国での高齢化進展に伴 い、金融政策の効力は低減する。国際通貨基金(IMF)のシニアエコ ノミスト、パトリック・イマム氏はこう指摘し、金融当局は政策金利の 一段と大幅な変更を通じて、より積極的な金融政策運営に当たる必要が あるとの分析結果を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。