ブルークレストに利益相反か-内部に繰り延べ報酬運用ファンド

マイケル・プラット氏が率いるヘッ ジファンド運営会社ブルークレスト・キャピタル・マネジメント(運用 資産320億ドル=約3兆2800億円)の内部には、パートナーの利益のた めに資産運用を行うファンドが存在し、利益相反の可能性がある。機関 投資家向けの助言会社アルバーン・パートナーズがリポートで指摘し た。

年金基金や寄付基金、ファミリーオフィスといった顧客に助言を行 うアルバーンが今月公表したリポートによれば、ブルークレストについ て、15億ドルの資産を運用する「BSMA」と呼ばれる内部ファンドの 存在が最近明らかになった。リポートの内容を知る関係者2人が匿名を 条件に明らかにした。優秀な人材をつなぎ留める目的で何年も前から存 在し、利益相反を回避する措置を取っているとブルークレストは説明し ているという。

アルバーンはリポートの中で、ブルークレストの一部社員の繰り延 べ報酬を管理・運用するBSMAが、投資家の利益ではなく、自社の利 益に合致することを目指す可能性があると懸念を示した。

債券・クレジットヘッジファンドの調査を担当するアナリスト、ジ ェーン・ヒューズ氏がまとめたリポートは、「われわれが知る限り、ブ ルークレストがアルバーンや外部の投資家に適切な情報開示を行ってい るとは感じられない。アルバーンによる利益相反の可能性検証に応じる 姿勢も十分に開かれたものではなかった」としている。

ブルークレストのアンドルー・ドッド最高財務責任者(CFO) は26日のインタビューで、同社の上級パートナーにBSMAへの投資を 求めており、退職時に資金を受け取る仕組みだと説明。アルバーンのリ ポートについてはコメントを避けた。

原題:BlueCrest Internal Fund May Pose Pay Conflicts, Albourne Says(抜粋)

--取材協力:Jesse Westbrook. Editors: Keith Campbell, Pierre Paulden

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE