米下院歳入委員長、包括的な税制改革案発表-税控除廃止提言

米下院歳入委員会のデービッド・キ ャンプ委員長は26日、包括的な税制改革案を公表し、法人・個人所得税 率の引き下げによる税収減を数十の税控除廃止で補うことを提案した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。