コーチなど「手の届く高級ブランド」の時代へ-中国

上海の広告業界で働くコリーナ・ス ーさん(25)は、いつかルイ・ヴィトンやグッチなどの高級ブランドの ハンドバッグか靴を手に入れたいと思っている。今のところ、購入した いのはケイト・スペードやマイケル・コース、コーチだ。

「これらは米国の最新流行ブランドだ。いつかヴィトンやグッチの バッグを買う日が来るかもしれないが、ずっと年齢を重ねてからだと思 う」。スーさんはケイト・スペードの商品の明るい色使いと大胆なデザ インが気に入っている。欧州の大手高級品メーカーの商品はもっと落ち 着いたスタイルだが伝統を売り物にしており、そのために価格も高い。

スーさんのような中国人の買い物客がいわゆる「手の届く高級ブラ ンド」を好むようになり、デザイナーズブランドの商品を手に入れるの に数カ月分の給与に相当する価格を支払う必要はないことに気付き始め ている。この変化が、コーチなど米国のブランドにとって追い風になっ ている。コーチのハンドバッグは400ドル(約4万1000円)以下の商品 も多い。一方、欧州の多くの高級品メーカーは売り上げの伸びが鈍化す る中、一部のバッグをこの水準の10倍以上に値上げしている。

エクサーヌBNPパリバ(ロンドン)のアナリスト、ルカ・ソルカ 氏は「手の届く高級ブランド品には中国で大きなチャンスがある」と指 摘。「中国市場は中流階級の市場へと変化している。最高級が好まれる というわけではなく、より米国的になりつつある」と述べた。

マッキンゼーの推計によると、中国の都市部の消費者の75%以上の 年収が2022年までに6万-22万9000元(約100万-380万円)となる見通 しだ。購買力の観点から見ると、12年時点で都市部の世帯の約68%がこ の範囲内に入り、2000年時点の4%から急増している。

原題:Coach Outflanking Vuitton in China With $400 Handbags: Retail(抜粋)

--取材協力:Cotten Timberlake、Rachel Butt. Editors: David Rocks, Paul Jarvis

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE