【海外アラカルト】変わるマイレージ、リフォーム熱は本物

り。

世界3位の航空会社、米デルタ航空は同社のマイレージサービスに ついて、搭乗距離ではなくチケット料金に応じてポイントを付与する方 式に変更する。最も高い運賃を支払う乗客の特典が増える一方で、安さ を求める乗客には不利な変更となる。格安航空会社のサウスウェスト航 空やジェットブルー・エアウェイズは同様の方式を導入している。デル タは2015年1月1日に変更を実施し、変更後は搭乗距離1マイルごとに ポイントを取得するのではなく、支払った1ドルごとに5-11マイルを 貯める形になる。(26日) Delta Favors Fliers Who Pay the Most as Loyalty Plan Recast

米国民のリフォーム熱は本物のようだ。自宅への投資意欲を背景 に、住宅関連用品小売りの米ホーム・デポとロウズの昨年の売上高は共 に当初の見通しを上回った。両社の決算発表を受けて、住宅市場の回復 ペースは鈍化しており雇用の伸びの鈍さが家電製品や床張り材、塗料な どの需要を抑えるとの懸念は和らいだ。米住宅市場が回復しているとの 楽観的な見方はさらに強まっている。(26日)Home-Renovation Spree Allays Concern Housing Rebound Slowing

上場不動産開発会社で中国最大手の万科企業は、不動産投資家アビ ー・ローゼン氏と共同で米ニューヨーク・マンハッタンに高級タワーマ ンションを建設する。同社のニューヨークでのプロジェクトは今回が初 めて。ローゼン氏率いるRFRホールディングと万科の26日の発表資料 によると、両社は25日、ミッドタウンのシーグラムビルの隣で61階建て マンションの建設を始めた。万科にとって、昨年のサンフランシスコで の不動産開発に続く米国での2件目のプロジェクトとなる。(26日) Manhattan Luxury Condo Deal Extends China Vanke’s U.S. Reach

香港紙「明報」の編集長を解任された劉進図(ケビン・ラウ)氏 が26日、何者かに襲撃されて重傷を負った。同紙は中国の民主活動家、 李旺陽氏の死に関する特集記事を組んだほか、香港政府当局者による違 法建築を暴くなど、香港政府と中国双方に批判的な論調で知られる。報 道の自由への侵害を懸念する市民は劉氏の解任に抗議し、数日前に は1600人以上が参加するデモ行進を行っていた。明報によると、劉氏は 二輪車でやってきた2人の男のうちの1人に背中を刺された。肉切り包 丁で3回攻撃された劉氏は現在、重体だと警察は説明している。(26 日)Hong Kong Editor in Press Freedom Row Critical After Attack

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE