GMをリコール遅れで当局調査-最高で制裁金3500万ドルの公算

米運輸省道路交通安全局 (NHTSA)はゼネラル・モーターズ(GM)によるイグニッション スイッチ(始動装置)の不具合を理由とした160万台のリコール(無料 の回収・修理)について、リコールまでに時間を要したことに関して調 査を実施している。スイッチの不具合は13人の死亡事故と関連性が指摘 されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。