債券先物は下落、超長期ゾーンの売りが重し-2年入札は市場予想通り

債券市場では先物相場が下落した。 日本銀行の買い入れオペ減額を背景にした需給悪化懸念で超長期債が売 られたことが重しとなった。一方、きょう実施された2年債入札では最 低落札価格が市場予想通りだった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。