ウクライナ暫定首相候補にヤツェニュク氏-米国が支援案表明

ウクライナ政変の原動力となった反 ヤヌコビッチ勢力は、政党「連合野党・祖国」幹部のアルセニー・ヤツ ェニュク氏の暫定首相就任と、同氏が挙国一致内閣を率いてデフォルト (債務不履行)回避に取り組むことに支持を表明した。米国は26日、ウ クライナ支援計画を明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。