米新規失業保険申請件数:34.8万件に増加-1カ月ぶり高水準

先週の米新規失業保険申請件数は前 週比で増加。増加幅は市場予想を上回った。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は34万8000件と、前週から1万4000件増加。1カ月ぶり高水準となっ た。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は33万5000件だった。前週は33万4000件。労働省の報道官によれば、暫 定値だった州はなく、データに通常と変わったところはなかったと説明 した。

TDセキュリティーズUSAの米金利調査ディレクター、ミラン・ マルレイン氏は「労働市場に関しては、依然として非常に建設的な見方 を持っている」とし、「雇用面で天候の影響があったが、暖かくなるに つれ労働市場の情勢は大きく改善するだろう」と述べた。

より変動の少ない4週移動平均は33万8250件で、前週から変わらず だった。失業保険の継続受給者数は15日までの1週間で8000人増加し て296万人。

い。

原題:Jobless Claims in U.S. Climbed Last Week to One-Month High (2) (抜粋)

--取材協力:Kristy Scheuble. Editors: Carlos Torres, 西前 明子

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE