英バークレイズの元行員3人、英裁判所で訴追-LIBOR裁判

英銀バークレイズの元トレーダー3 人が26日、ロンドンの裁判所で検察官によって訴追された。ロンドン銀 行間取引金利(LIBOR)など指標金利の操作疑惑をめぐる2年越し の調査が実りつつある。

ピーター・チャールズ・ジョンソン、ジョナサン・ジェームズ・マ シュー、スティリアノス・コントグラスの3氏はウェストミンスターの 治安判事裁判所で、2005年6月-07年8月の間に共謀した罪1件で訴追 された。次回公判は3月3日。

英重大不正捜査局(SFO)はLIBOR操作に絡み6人を訴追し た。米国では8人が訴追に直面している。

ジョンソン被告の弁護人、ヒューゴ・キース弁護士は「SFOが描 いている事実の内容を、弁護側はもちろん一瞬たりとも認めない」と述 べた。この日の法廷では3被告が年齢と住所について確認し、3人は保 釈された。ギリシャに居住するコントグラス被告の保釈金は4万ポンド (約680万円)だった。

原題:Three Former Barclays Employees Face Libor Charges in U.K. Court(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE