戦中強制労働で賠償求めた提訴、中国が初めて受理-CRI

戦時中に日本へ連行され強制労働を 強いられたとして、中国人が日本企業に賠償を求めた問題で、北京市第 一中級人民法院は同国で初めてこの訴えを受理した。中国国際放送 (CRI)が26日報じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。