新生銀:米GEからレイク過払い金損失補償1750億円受け取り

新生銀行は26日夕、米ゼネラル・エ レクトリックから消費者金融「レイク」を買収した際、同社と結んだ過 払い金返還に関する損失補償契約を今期限りで終了すると発表した。新 生銀はGEから同契約を打ち切る代わりに1750億円を3月31日に一括で 受け取り、引当金に繰り入れる。業績への影響はないとしている。

新生銀は2008年にレイクを買収したが、その際に2060億円を超える 過払い金返還額はGEが負担する契約だった。新生銀によると1750億円 は足元の引当金水準でみると5.2年分に相当する。これまでにGEから 受け取った補償額は2200億円に上るという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE